未分類

サーバルームに行かなくてもいい!リモートkvmスイッチ

投稿日:2017年9月28日 更新日:

サーバーコンソールスイッチがあると可能になること

kvmスイッチは複数のサーバーと単体のコンソールを専用のケーブルで接続することにより、キーボードの簡単な切り替えのみで操作するサーバーを切り替えることができるようになる機器です。

一般的なkvmスイッチはサーバー側のモニタ出力とUSB端子またはPS2端子とkvmスイッチを専用ケーブルで接続し、kvmスイッチのコンソール側のモニタ・キーボード・マウスポートをコンソールへ接続します。
このkvmスイッチからコンソールへの接続を一般的なLANポートを用いてIP通信することにより、コンソールの役目をネットワーク経由で行うことが可能になります。

通常のkvmスイッチであればUSBケーブルなどによって長さ制限がかかってしまいますが、ネットワーク経由で接続することによってLAN接続が可能な範囲で遠隔操作することができます。

このとき、一般的に利用されているリモートデスクトップはOSが起動していなければ使うことができませんが、リモートkvmスイッチならばOSの起動する前に起動しているBIOSやRAIDカードの設定を変更することも可能になり、サーバルームに行かなくとも操作することができるようになります。

リモートkvmスイッチの管理方法

リモートkvmスイッチは遠隔からOSに依存しない設定変更を可能にする点でも非常に便利ですが、管理も必要になってきます。

通常のkvmスイッチはIPアドレスを持たない単純な交換機のような動作をしていますが、リモートkvmスイッチはネットワーク接続を行うためIPアドレスを必要とします。
このとき、スイッチを接続するネットワークのIPアドレスと重複しないようにスイッチのIPアドレスも管理する必要があります。

また、サーバルームに行かなければ利用できなかったコンソールと違い、ネットワーク上ならどこからでも接続できてしまうため、リモートkvmスイッチにアクセス制限をかけておかなければサーバーを遠隔操作されてしまうセキュリティ上のリスクが発生します。

このアクセス制限も様々な方法でかけることができますが、どの端末からのアクセスを可能とするか、不可とするかというリモートkvmスイッチに対するアクセス管理が必要になります。

特に、通常のリモートデスクトップとは違いBIOSレベルでの遠隔操作によるサイバー攻撃を受けた場合、サーバーを完全に掌握された状態となんら変わらない状況となるため注意が必要です。

-未分類

執筆者:

関連記事

液晶テレビなどで活用出

KVMスイッチでHDMI出力機器を切替操作するには

KVMスイッチでHDMI出力機器を切り替えしたい場合には、HDMIに対応した製品を選択します。他にも、D-SubやDVIなどに対応している製品も販売されていますが、それらをHDMI機器で使えるようにす …

リモートでコントロールするKVMスイッチ

KVMスイッチをサーバー越しに遠隔操作

サーバー越しに遠隔操作を行える環境を整える事で、サーバーをコンソールやキーボードで一元管理でき、効率的なシステム運用を行えます。この時にKVMは2台必要であり、クライアント側はコンソールやキーボードな …

KVMスイッチの効果的な利用方法

KVMスイッチのポートとケーブルの接続方法

KVMスイッチは複数のコンピューターシステムのキーボードやマウス、モニタを切り替えて使用することでその操作効率が高まるだけでなく、データセンターなどにシステムを収容する際には一組で済むためラックの占有 …

KVMスイッチで合理的に

KVMスイッチに接続した場合のマウスの使い方

現在市販されているKVMスイッチは単純な電気信号の切替器ではありません。オペレーターからすれば、一度に見えているのはどれか一つのマシンであっても、それぞれのマシンからは常に自分用のマウスが存在している …

KVMスイッチ導入の利点

パソコンが増えてもUSBマウスとUSBキーボードを接続して1つのKVMスイッチで操作

KVMスイッチでは、そのポートにUSBマウスとUSBキーボードを接続し切替器の操作だけで、複数PCやサーバーを1セットのコンソールで運用可能となります。パソコンやサーバーごとにコンソールを設置する必要 …