未分類

KVMスイッチのケーブルを延長するメリット

投稿日:

KVMスイッチでより快適な作業環境に

KVMスイッチはケーブルを使う事で延長させる事が可能です。複数台のPCやサーバを効率良く運用していくには、キーボードやディスプレイやマウスなどのPC周辺機器を一つにまとめる事です。

KVMスイッチを使えば、周辺機器の共有化が出来ますので、一つのコンソールからPCやサーバをコントロールするといった事が容易です。

ケーブルの延長は、サーバが設置されている場所がある程度広く、設置台数を増やしていきたいといった時に役立ちます。KVMスイッチには、ケーブル接続でソフトウェアによる切り替えが出来るものとボックスタイプによるハードウェアによる切り替えが出来るものがあります。

USBポート数などが多く必要である場合には、ボックスタイプの物を選択する事で大きな規模のシステムを作りながら、効率的にPCとサーバの切り替えを行っていく事が可能です。

KVMスイッチの延長ケーブルは、どれだけ離して使いたいかによって選ぶべき長さが変わってきます。使い勝手を高める為にKVMスイッチを導入しますので、PCの設置する位置などを考慮して適切な長さのケーブルを選んでいくと良いでしょう。

ハードウェア管理をコンソール接続で

ハードウェア管理を行う事を目的にKVMスイッチを導入しますと、コンソール接続でコントロールが出来るようになります。
サーバやPCには、それぞれOSやソフトウェアが搭載されていますので、KVMスイッチによるマシンの切り替えは、基本的にKVMスイッチに各マシンを接続すれば良いです。

ケーブルの延長によって、遠くにあるマシンでコンソール接続は可能ですが、より遠隔操作が必要な場合はコンピューターネットワークを活用した制御が欠かせません。

近年市販されているKVMスイッチは遠隔操作を念頭に設計されており、例えば、会社のある部署からサーバルームやデータセンターにあるサーバ群を監視したい場合には、ネットワークによる遠隔操作が可能なKVMスイッチを導入しておけば、効率的な管理が行える環境を構築する事が出来ます。コンソール接続は、ハードウェア管理を行う時の強力な仕組みであり、セキュアな接続を確保しながら、管理に必要な作業を行えます。

KVMスイッチを活用していく事で、サーバやPCの遠隔操作を行いながら、システムに合わせた運用を行えるのが利点です。

安全性を確保する事は重要ですので、セキュアな環境を提供してくれるKVMスイッチは様々なシーンで活躍してくれます。

-未分類

執筆者:

関連記事

KVMスイッチ導入の利点

パソコンが増えてもUSBマウスとUSBキーボードを接続して1つのKVMスイッチで操作

KVMスイッチでは、そのポートにUSBマウスとUSBキーボードを接続し切替器の操作だけで、複数PCやサーバーを1セットのコンソールで運用可能となります。パソコンやサーバーごとにコンソールを設置する必要 …

KVMスイッチで合理的に

KVMスイッチに接続した場合のマウスの使い方

現在市販されているKVMスイッチは単純な電気信号の切替器ではありません。オペレーターからすれば、一度に見えているのはどれか一つのマシンであっても、それぞれのマシンからは常に自分用のマウスが存在している …

サーバーコンソールスイッチがあると可能になること

サーバルームに行かなくてもいい!リモートkvmスイッチ

kvmスイッチは複数のサーバーと単体のコンソールを専用のケーブルで接続することにより、キーボードの簡単な切り替えのみで操作するサーバーを切り替えることができるようになる機器です。 一般的なkvmスイッ …

リモートでコントロールするKVMスイッチ

KVMスイッチをサーバー越しに遠隔操作

サーバー越しに遠隔操作を行える環境を整える事で、サーバーをコンソールやキーボードで一元管理でき、効率的なシステム運用を行えます。この時にKVMは2台必要であり、クライアント側はコンソールやキーボードな …

CPU切り替え機で認識されないケース

KVMスイッチの延長ケーブルが長すぎる

KVMスイッチがCPU切り換え機で認識されない場合には、延長ケーブルが長すぎることによる場合があるので十分に注意が必要です。 特にUSB接続の場合にはケーブルが長すぎると信号のレベルが低下しPCがその …