未分類

HDMI対応ディスプレイとUSBマウス、キーボードはKVMスイッチで一括管理

投稿日:2018年2月26日 更新日:

快適パソコンライフ

使用する際はHDMIディスプレイとUSBのキーボードやマウスを1セットにしてKVMスイッチに接続してUSBやVBAを組み合わせた専用のケーブルでKVMスイッチと繋げたいパソコンを接続する事ができます。

一般的には切替機とも呼ばれますので家電量販店ではこちらのほうが伝わりやすいかもしれません。
切替はKVMスイッチにあるボタンで操作をして、そうすることでディスプレイやキーボード、マウスのいずれかのパソコンに接続して使用します。大抵の場合はキーボードから操作する事も可能でメーカーや機種によって異なりますがScrollLockキーなどを2回連続して押すなどです。

機種によって接続できるパソコンの台数に違いがあり少ないもので2台、多いもので512台というものもあり様々ですが一般家庭用ではせいぜい5台つなぐ事ができれば十分です。

KVMスイッチは複数のパソコンがある場合、それぞれにキーボードやマウス、ディスプレイを用意するのが大変な場合にとても便利です。

特にビジネスの場ではデータセンターなどラックに多数のサーバーが格納されているような場合、1台ずつに設置するのは困難ですから切り替える事によってすっきりとします。

複数のパソコンはKVMスイッチ(切替機)がデフォ

自宅用、会社用に限らずパソコンを使い分けている場合は特にKVMスイッチがあると仕事が捗ります。
例えばCD-Rで焼く用のパソコンで作業をしている場合、そのCD-ROMは使えませんので同時に作業したい場合には別のパソコンを使用せざるを得ません。

しかしパソコン1台に対してモニタやキーボード、マウスを1台ずつ用意していたのでは置く場所も大変です。そんな時はKVMスイッチをデフォルトで設置しておくのがよいと言えます。

また切替機をどうしても使いたくない場合は代替としてソフトウェアによる手段もありますが高度なため事前に手順などを調べておいたほうがいいでしょう。
この手段であれば配線などの数を減らす事ができパソコン周りが非常にすっきりとします。

また画面上で切り替える事で複数のパソコンを使用中である事を忘れさせてくれるというメリットがあります。

しかし問題もあり事前にサーバーやパソコンに専用のソフトウェアをインストールしておく必要があり、当たり前の事ではありますがOSが起動中でなければ動作する事はありませんのでOSのインストールやBIOSのアクセスしたい時には使う事ができませんし、高い負荷がかかっているシーンではアクセスが非常に重くなるデメリットもあります。

これらを踏まえて使用する事をおすすめします。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

KVMスイッチとはどんな製品?価格は?

KVMスイッチの「KVM」とは「Keyboard・Video・Mouse」の略称で、その名の通りKVMスイッチとは、1組のキーボード・ディスプレイ・マウスで複数のコンピュータを操作するためのハードウェ …

no image

HDMI接続で1つのマウスが多数のPCで使用できるKVMスイッチの使い方

KVMスイッチを使うと、複数のPCを操作する場合でも、キーボードやマウスが一つで済みます。 これにより周辺機器の数が減らせるため、場所を広く使えるというメリットがあります。使うPCを変えるたびにキーボ …

KVMスイッチでより快適な作業環境に

KVMスイッチのケーブルを延長するメリット

KVMスイッチはケーブルを使う事で延長させる事が可能です。複数台のPCやサーバを効率良く運用していくには、キーボードやディスプレイやマウスなどのPC周辺機器を一つにまとめる事です。 KVMスイッチを使 …

CPU切り替え機で認識されないケース

KVMスイッチの延長ケーブルが長すぎる

KVMスイッチがCPU切り換え機で認識されない場合には、延長ケーブルが長すぎることによる場合があるので十分に注意が必要です。 特にUSB接続の場合にはケーブルが長すぎると信号のレベルが低下しPCがその …

サーバーコンソールスイッチがあると可能になること

サーバルームに行かなくてもいい!リモートkvmスイッチ

kvmスイッチは複数のサーバーと単体のコンソールを専用のケーブルで接続することにより、キーボードの簡単な切り替えのみで操作するサーバーを切り替えることができるようになる機器です。 一般的なkvmスイッ …