0
¥0

現在カート内に商品はございません。


TOP > 犬猫の薬・フィラリア予防薬 > モルヌピラビル Molnuvid 200mg 80錠
TOP > 新型コロナ・モルヌピラビル > モルヌピラビル Molnuvid 200mg 80錠

モルヌピラビル Molnuvid 200mg 80錠

モルヌピラビル Molnuvid 200mg 80錠

¥11,700 税込
商品コード: Molnuvid
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
「モルヌピラビル」新型コロナウイルス(COVID 19)の飲み薬

製薬会社:Healing Pharma ヒーリングファーマ社

商品名:Molnuvid 200mg

成分名「モルヌピラビル」Molnupiravir

効能又は効果
SARS-CoV-2による感染症

用法及び用量
通常、18歳以上の患者には、モルヌピラビルとして1回800mg
を1日2回、5日間経口投与する。

用法及び用量に関連する注意
SARS-CoV-2による感染症の症状が発現してから速やかに投与
を開始すること。臨床試験において、症状発現から6日目以降に
投与を開始した患者における有効性を裏付けるデータは得られ
ていない。



18歳以上で重症化リスク因子を有する等、モルヌピラビルの投与が必要と考えられる方↓

・60歳以上・癌患者
・慢性腎臓病・慢性閉塞性肺疾患
・太っている方(BMI30以上)
・重篤な心疾患(心不全、冠動脈疾患又は心筋症)
・糖尿病
・コントロール不良のHIV感染およびAIDS
・肝硬変等の重度の肝臓疾患
その他、持病のある方は専門の医師にお問い合わせをお願いいたします。

モルヌピラビルを処方できない方
・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
・妊婦又は妊娠している可能性のある女性


コロナ治療薬モルヌピラビル、早期投与で回復までの期間短縮。

人工呼吸器の使用も低く抑えることができた

一般名『モルヌピラビル(Molnupiravir) 』には、北欧神話の神、トールのハンマーであるミョルニルに由来しており、雷神の強烈な打撃のように、薬がウイルスを打ち倒すという意味が込められている。


★★猫伝染性腹膜炎(FIP)★★
人間だけでなく、猫コロナウイルスによる感染症である猫伝染性腹膜炎(FIP)に対しても効果がある。


モルヌピラビルは、FIPの治療において画期的な成果を上げた薬です。この薬はウイルスの増殖を抑える働きがあり、症状の進行を遅らせることができます。しかも、通販によって手に入れることも可能なため、獣医師の皆様が効果的な治療を行うための選択肢が広がりました。


## FIP(猫伝染性腹膜炎)治療薬モルヌピラビルのメリット

### 1. モルヌピラビルの効果的な治療効果
モルヌピラビルは、猫伝染性腹膜炎(FIP)の治療において非常に効果的な薬です。FIPは猫にとって非常に重篤な病気であり、従来の治療法では効果が限定的でした。しかし、モルヌピラビルの登場により、FIPの治療の可能性が大きく広がりました。モルヌピラビルは、FIPウイルスの増殖を阻害することで、病気の進行を抑える効果があります。

### 2. 通販で手に入る利便性
モルヌピラビルは、通販によって手に入れることができます。これは、獣医師に処方箋を取る必要がなく、自宅から気軽に購入できる点で大きなメリットです。通販によって手に入れることができるため、治療のために獣医院に頻繁に通う必要がなくなります。これにより、猫を病院に連れて行くことが困難な飼い主にとって、非常に便利な選択肢となります。

### 3. FIPの進行を遅らせる効果
モルヌピラビルの投与によって、FIPの進行を遅らせることができます。モルヌピラビルはウイルスの増殖を抑える効果があり、病気の進行を遅らせることができるため、猫の生命を延ばすことができます。また、FIPの症状を軽減する効果もあります。症状の軽減により、猫の生活の質を改善することができます。

★★猫伝染性腹膜炎(FIP)とは★★
猫伝染性腹膜炎(FIP)は、猫に感染するウイルスによって引き起こされる重篤な病気です。ウイルスは体内に侵入し、免疫系の異常反応を引き起こすことで病状が進行します。FIPは治療が難しく、従来の治療法では完治することは困難です。

### FIPの症状
FIPの症状は多岐にわたりますが、一般的には以下のような特徴があります。

- 食欲不振
- 発熱
- 腹膜炎(おなかが腫れる)
- 体重減少
- 呼吸困難

これらの症状が見られた場合は、早期に獣医師の診察を受けることが重要です。

### FIPの予防策
FIPは予防が困難な病気ですが、以下の予防策を実施することでリスクを軽減することができます。

1. 猫同士の接触を制限する: FIPは感染力が強いため、複数の猫が共同生活をしている場合は、感染リスクが高まります。猫同士の接触を制限し、感染のリスクを低減させましょう。
2. 清潔な環境の維持: 定期的な掃除や消毒を行い、猫の生活環境を清潔に保つことが重要です。
3. 予防接種の実施: FIPに対する特効薬は存在しないため、予防接種が重要です。獣医師と相談し、定期的な予防接種を受けるようにしましょう。

FIPは猫にとって深刻な病気ですが、モルヌピラビルの登場により治療の選択肢が広がりました。正しい知識と獣医師との協力によって、FIPに立ち向かうことができるでしょう。

FIP(猫伝染性腹膜炎)は、猫の中で深刻な病気として知られています。幸いなことに、最近では新しい治療薬モルヌピラビルが登場し、この病気の治療に有望な選択肢となっています。

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ★★★★☆ (1)

  • 2023-08 江川 さん ★★★★☆

    これからも

    モルヌピラビル Molnuvid 200mg 80錠は、人気商品で、他サイトでは既に売り切れになっていました。
    しかしながら、まだまだ、個人輸入代行エイビス薬局さんでは、モルヌピラビル Molnuvidを購入できました。
    これからも、お願いすると思います。

レビューを投稿