0
¥0

現在カート内に商品はございません。


TOP > 犬猫の薬・フィラリア予防薬 > イマチニブ(Imatib) 100mg 100錠
TOP > 癌・抗がん剤 > イマチニブ(Imatib) 100mg 100錠

イマチニブ(Imatib) 100mg 100錠

イマチニブ(Imatib) 100mg 100錠

¥7,800 税込
商品コード: Imatib 100mg 100_ind
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
### 人間と動物の両方に効果がある
興味深いことに、イマチニブは人間だけでなく、動物に対しても効果があることが知られています。動物のがん治療においても、イマチニブが使用されています。イマチニブは、動物の慢性骨髄性白血病やGISTの治療において、有望な治療法として利用されています。このようなイマチニブの多様な効果は、がん治療の分野での重要な進展と言えるでしょう。

イマチニブ(Imatib)は、抗悪性腫瘍剤です。日本で発売されているグリベック錠と同じ有効成分のイマチニブを含有しています。イマチニブは各がん細胞が持っている特定の分子(変異遺伝子、変異たんぱく質)のみに、直接働いてがん細胞が増えるのを抑える分子標的薬です。分子標的薬であるイマチニブは、副作用が比較的少ないのが特徴です。

## イマチニブのメリット

### 1. 白血病や消化管間質腫瘍の治療に効果的

イマチニブは、慢性骨髄性白血病や消化管間質腫瘍を治療するためのお薬です。これらの疾患は非常に難治性であり、手術や放射線療法だけでは完全な治療が難しい場合があります。しかし、イマチニブはそのような難治性の病態に対して有効な治療法として知られています。

### 2. がん細胞の成長を抑制

イマチニブに含まれる有効成分であるグリベックは、がん細胞の成長を抑制する働きがあります。これにより、患者さんの体内でがん細胞が過剰に増殖することを防ぎ、病状の進行を遅らせることができます。

### 3. 副作用のリスクが低い

イマチニブは、他の抗がん剤と比べて副作用のリスクが低いと言われています。一般的な副作用としては、吐き気や下痢、倦怠感などが報告されていますが、これらの症状は比較的軽度であり、多くの患者さんが副作用が出にくいと感じています。

### 4. 経口投与が可能

イマチニブは、経口投与できるお薬です。つまり、通院が難しい患者さんでも自宅で服用することができます。これにより、治療の負担を軽減し、患者さんの生活の質を向上させることができます。

### 5. 長期間の投与が可能

イマチニブの投与は、通常長期間にわたって行われます。しかし、その期間中でも効果が維持されることが報告されています。これにより、患者さんは安心して治療を受けることができます。

イマチニブは、慢性骨髄性白血病や消化管間質腫瘍の治療において多くのメリットをもたらしています。効果的な治療法として知られており、副作用のリスクも低いため、多くの患者さんに選ばれています。経口投与が可能であり、長期間の投与が可能な点も大きなメリットです。

## イマチニブのデメリット

### 1. 副作用の可能性がある
イマチニブは強力な抗がん剤であり、効果的に白血病や消化管間質腫瘍を治療することができます。しかし、その副作用の可能性も忘れてはなりません。イマチニブを服用することで吐き気や嘔吐、下痢、腹痛、疲労感などの不快な症状が現れる場合があります。これらの症状が現れた場合は、医師に相談して適切な対処方法を見つけることが重要です。

### 2. 抵抗性が発生する可能性がある
イマチニブは白血病や消化管間質腫瘍の治療に非常に効果的ですが、長期的な使用により抵抗性が発生する可能性があります。つまり、最初は効果があった治療が、時間の経過とともに効果が低下する場合があります。この場合、医師は他の治療法を提案するか、イマチニブの投与量やスケジュールを変更するかもしれません。

### 3. 他の薬との相互作用がある場合がある
イマチニブを服用している間は、他の薬との相互作用に注意が必要です。イマチニブは肝臓で代謝されるため、肝臓の機能に影響を与える薬との併用は避けるべきです。また、イマチニブは特定の酵素の活性を抑制するため、他の薬の代謝にも影響を与える可能性があります。薬剤師や医師と綿密に相談し、他の薬との併用について正確な情報を得ることが重要です。

### 4. 長期的な治療が必要な場合がある
イマチニブは白血病や消化管間質腫瘍の治に療有効ですが、通常は長期的な投与が必要です。これは、病気の再発や進行を防ぐために、イマニチをブ継続的に服用する必要があるからです。長期的な投与にはコストや時間の負担がかかこるとを覚えておく必要があります。

有効成分のイマチニブは、肥満細胞腫や消化管間質腫瘍の増殖に関係する特定のたんぱく(KITチロシンキナーゼ)の働きを特異的に阻害することで、肥満細胞腫や消化管間質腫瘍の増殖を抑えます。動物では肥満細胞腫や消化管間質腫瘍、扁平上皮癌などに使用されることが多いです。

効果
犬・猫
肥満細胞腫瘍、好酸球増加症候群、線維肉腫及び扁平上皮癌に対する使用が報告されています。

※本来はヒト用の医薬品ですが、動物用の医薬品としても使用可能です。

使用方法
犬・猫
一般的に1日当たり10mg/kgを目安にして投与する。

投与量と投与期間は症状によって異なりますので必ず獣医師の指導の下、指示に従い投与してください。

一般的注意事項
イマチニブは効能・効果において定められた目的にのみ使用してください。
イマチニブは定められた用法・用量を厳守してください。
イマチニブは獣医師の指導の下で使用してください。
小児の手の届かないところに保管してください。
直射日光を避け、なるべく湿気の少ない涼しいところに保管してください。
使用済みの容器は、地方公共団体条例等に従い処分してください。

オーナーの方の注意事項
誤って薬剤を飲み込んだ場合は、直ちに医師の診察を受けてください。
本剤を投与した動物の糞便や尿、吐物に小児等を近づけないでください。
薬剤への曝露を避けるため、本剤は分割投与しないでください。本剤を投与した後は石鹸と水で手を洗ってください。
投与時にはゴム手袋などを使用し、直接触らないことが推奨されています。
妊娠女性、妊娠を予定している女性あるいは授乳中の女性は特に注意を払って本剤を取り扱ってください。誤って妊娠女性が服薬した場合、妊娠に関する副作用が発生することがあります。

ペットへの注意事項
獣医師からイマチニブが適応と診断された症例に対してのみ使用してください。
本剤の成分に対し過敏症の既往歴がある動物には使用しないでください。
交配予定の動物及び妊娠・授乳中の動物には使用しないでください。
副作用
食欲不振や嘔吐などの消化器障害、好中球減少症、肝酵素上昇などが知られています。
副作用が認められた場合には、速やかに獣医師の診察をお受けください。

成分
Imatinib Mesylate equivalent to Imatinib 100mg.

イマチニブメシル酸塩(イマチニブ100mg相当)

製造国 India
製造元 シプラ社(Cipla Ltd)
インド発送

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ★★★★☆ (1)

  • 2023-09 田村 さん ★★★★☆

    少ない副作用

    イマチニブ(Imatib) 100mg 100錠は、個人輸入代行エイビス薬局さんでは、業界最安値での購入をさせて頂いています。
    副作用が少なく、肥満細胞腫瘍に対しては、イマチニブ(Imatib) 100mgの効果とはまさに本物であると強く実感です。

レビューを投稿