0
¥0

現在カート内に商品はございません。


TOP > 犬猫の薬・フィラリア予防薬 > モルヌピラビル Molnuvir Asher Pharma 200mg 40錠
TOP > 新型コロナ・モルヌピラビル > モルヌピラビル Molnuvir Asher Pharma 200mg 40錠

モルヌピラビル Molnuvir Asher Pharma 200mg 40錠

モルヌピラビル Molnuvir Asher Pharma 200mg 40錠

¥6,570 税込
商品コード: Molnuvir Asher Pharma 200mg 40
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
「モルヌピラビル」新型コロナウイルス(COVID 19)の飲み薬

製薬会社:Asher pharmaceuticals

商品名:モルヌピラビル Molnuvir Asher Pharma 200mg

成分名「モルヌピラビル」

効能又は効果
SARS-CoV-2による感染症

用法及び用量
通常、18歳以上の患者には、モルヌピラビルとして1回800mg
を1日2回、5日間経口投与する。

用法及び用量に関連する注意
SARS-CoV-2による感染症の症状が発現してから速やかに投与
を開始すること。臨床試験において、症状発現から6日目以降に
投与を開始した患者における有効性を裏付けるデータは得られ
ていない。



18歳以上で重症化リスク因子を有する等、モルヌピラビルの投与が必要と考えられる方↓

・60歳以上・癌患者
・慢性腎臓病・慢性閉塞性肺疾患
・太っている方(BMI30以上)
・重篤な心疾患(心不全、冠動脈疾患又は心筋症)
・糖尿病
・コントロール不良のHIV感染およびAIDS
・肝硬変等の重度の肝臓疾患
その他、持病のある方は専門の医師にお問い合わせをお願いいたします。

モルヌピラビルを処方できない方
・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
・妊婦又は妊娠している可能性のある女性


コロナ治療薬モルヌピラビル、早期投与で回復までの期間短縮。

人工呼吸器の使用も低く抑えることができた

一般名『モルヌピラビル(Molnupiravir) 』には、北欧神話の神、トールのハンマーであるミョルニル(Mj?lnir)に由来しており、雷神の強烈な打撃のように、薬がウイルスを打ち倒すという意味が込められている。


猫の命を救う最新治療法!モルヌピラビルが猫伝染性腹膜炎(FIP)に希望をもたらす



猫は私たちにとって大切な家族の一員です。しかし、猫伝染性腹膜炎(FIP)という重篤な病気にかかると、その命は危険にさらされます。長い間、FIPは治療法のない難治性疾患とされてきましたが、最近の研究によって、新たな治療法であるモルヌピラビルが注目を浴びています。今回は、この革新的な治療法について詳しくご紹介します。

モルヌピラビルとは?


モルヌピラビルは、FIPの治療に使用される抗ウイルス薬です。FIPは、ウイルスのコロナウイルスが原因で起こる病気であり、猫にとっては非常に致命的です。しかし、モルヌピラビルはこのウイルスに対して特異的な作用を持ち、ウイルスの増殖を抑制することでFIPの進行を遅らせ、猫の生命を救うことが期待できます。

モルヌピラビルの効果と安全性


モルヌピラビルは、臨床試験において非常に高い効果を示しています。ある研究では、モルヌピラビルを投与された猫の約70%がFIPの症状の改善を見せ、生存期間も延長されたと報告されています。また、モルヌピラビルは一般的に安全であり、重大な副作用の報告はほとんどありません。ただし、個々の猫によっては副作用が発生する場合もあるため、専門の獣医師の指導のもとで使用することが重要です。

猫伝染性腹膜炎(FIP)とは?


猫伝染性腹膜炎(FIP)は、コロナウイルスに感染した猫が発症する病気です。ウイルスは腸管に感染し、そこから血液を介して全身に広がります。FIPはさまざまな症状を引き起こし、腹部腫脹、発熱、食欲不振などが現れます。さらに進行すると、内臓に炎症が起こり、致命的な結果につながることもあります。

従来の治療法の限界


従来のFIPの治療法は限られており、主に対症療法が行われてきました。症状の緩和や免疫力の向上を目指す治療が行われますが、根本的なウイルスの増殖を防ぐことはできませんでした。そのため、FIPは高い死亡率をもつ病気とされていました。

モルヌピラビルの希望


モルヌピラビルの登場により、FIPの治療に新たな希望が生まれました。モルヌピラビルはウイルスの増殖を抑制することで、FIPの進行を遅らせ、猫の生命を救うことが期待できます。これまで難治性とされていたFIPに対して、最新の治療法が提供されることは、猫愛好家や獣医師にとって喜ばしいニュースです。

モルヌピラビルの投与方法と注意点


モルヌピラビルの投与の頻度や投与量は、猫の体重や病状に応じて調整されます。また、モルヌピラビルの投与には獣医師の処方が必要であり、自己判断での使用は避けるべきです。投与中に副作用が現れた場合は、すぐに獣医師に相談しましょう。

猫伝染性腹膜炎(FIP)は、猫にとって命にかかわる重篤な病気です。しかし、最新の治療法であるモルヌピラビルの登場により、FIPの治療に新たな希望が生まれました。モルヌピラビルはウイルスの増殖を抑制し、FIPの進行を遅らせる効果があります。獣医師の指導のもと、猫の命を救うためにモルヌピラビルが積極的に活用されることを期待しましょう。

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ★★★★★ (1)

  • 2023-08 折原 さん ★★★★★

    また予定

    モルヌピラビル Molnuvir Asher Pharma 200mg 40錠には、新型コロナに有効な成分がちゃんとありますよね。
    私は、モルヌピラビル Molnuvir Asher Pharma 200mgを利用させていただいて、ほんとによかったです。
    また、モルヌピラビル Molnuvir Asher Pharma 200mgを来月も購入予定です。

レビューを投稿