0
¥0

現在カート内に商品はございません。


TOP > 避妊用ピル(マーベロン,トリキュラー,中用量ピルなど) > プレメ PREME (ダイアンと同成分)21錠 x 3箱

プレメ PREME (ダイアンと同成分)21錠 x 3箱

プレメ PREME (ダイアンと同成分)21錠 x 3箱

¥5,250 税込
商品コード: TH3804
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
特徴
プレメ PREME は経口避妊薬のダイアンと同成分の低容量ピルでホルモンバランスを整えます。

避妊以外にも更年期障害による諸症状、重症のニキビ、多毛症、前立腺がんなどの治療に有効です。

プレメ PREME(経口避妊薬)効能
プレメはエチニルエストラジオールと酢酸シプロテロンの2つの有効成分を配合しています。

この2つの成分はアジア人のために開発された安全性の高い経口避妊薬「ダイアン」と同成分です。

その効果は避妊だけでなく更年期障害による諸症状、重症のニキビ、多毛症、前立腺がんの治療にも効果的であるのが特徴です。

また、服用が簡単で1周期(21日間)服用する錠剤のホルモン含有量が一定のため飲み間違えを防ぐことができます。

用法用量
1日1回、1錠を生理開始の1日目から服用を開始します。
21日の期間、毎回の服用時間は決まった時間帯にしてください。
21日間の服用が終了次第、7日間の休止期間を設け次ぎのピルに移行してください。

《服用開始の時期について》
●生理開始から5日経過以内

すぐに服用を開始して構いませんが、この場合は即日の避妊効果は期待できないため、7日間(服用をはじめてから) は念の為にも他の避妊法を併用する必要があります。


●生理開始から5日以上経過

次の生理を待ちます。生理開始第1日目より服用を開始して下さい。


《飲み忘れについて》

12時間以内に気づいた場合:早急に1回分を服用してください。当日も避妊効果は保たれたままです。翌日に通常の時間帯に服用を開始してください。


12時間以上気づかなかった場合:避妊効果が低下しています。気づいた時点で早急に1回分を服用してください。妊娠の可能性があるため、医師へ相談してください。

副作用
ホルモン環境の変化による副作用として、不正出血、乳房のハリや痛み、嘔吐など
※服用を2~3ヶ月続けることによって改善されます。

製品名: PREME
一般名: エチニルエストラジオール 0.035mg, 酢酸シプロテロン 2mg
製造元: Thai nakorn patana co Ltd
発送元:タイ
薬効分類: 低用量ピル(一相性)
日本名: プレメ

注意事項
・40歳以上の方、喫煙者に関して本剤の服用は血栓症のリスクをともなうため服用を注意してください。
・血栓性疾患(心筋梗塞など)、乳がん・子宮がん、妊娠中の方は本剤を使用できません。
・ステロイド剤、セイヨウオトギリソウを含む食品との併用は避けてください。


## プレメ PREME (ダイアンと同成分)のメリット

### 低価格で購入できる
プレメ(PREME)は、経口避妊薬「ダイアン」と同成分のお薬です。しかし、通常の薬局や病院での購入に比べて、個人輸入代行サイトであるエイビス薬局で低価格で購入することができます。経口避妊薬は日常的に服用するものなので、低価格で購入できるのは大きなメリットです。

### 同成分であるため効果が期待できる
プレメ(PREME)はダイアンと同じ成分を含んでいます。経口避妊薬はホルモンのバランスを整え、安定した避妊効果を発揮します。ダイアンと同じ成分を含んでいるため、プレメ(PREME)も同じような効果が期待できます。

### 個人輸入代行サイトで手軽に購入できる
プレメ(PREME)は個人輸入代行サイトであるエイビス薬局で手軽に購入することができます。自宅にいながらインターネット経由で注文し、自宅まで配送してもらえるので、時間や手間をかけずに購入することができます。


## プレメ PREME (ダイアンと同成分)のデメリット

プレメ(PREME)は経口避妊薬「ダイアン」と同成分であり、低価格で購入できるという利点があります。しかし、使用する上で注意が必要なデメリットも存在します。

### 副作用の可能性
プレメ(PREME)を使用することで、吐き気や乳房の腫れ、頭痛、不正出血などの副作用が生じる可能性があります。これらの症状が出た場合は、医師に相談することが重要です。

### 効果が現れるまでの時間
経口避妊薬を使用する場合、効果が現れるまでには時間がかかることがあります。プレメ(PREME)も同様であり、即効性を期待することはできません。避妊効果を持たせるためには、規定の用法・用量で継続的に服用する必要があります。

### 使用方法の厳守が必要
経口避妊薬を効果的に利用するためには、使用方法に厳密に従う必要があります。プレメ(PREME)も同様であり、毎日決まった時間に一定量を服用することが求められます。用法・用量を守らないと避妊効果が低下する可能性があります。

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

レビューはありません。

レビューを投稿