0
¥0

現在カート内に商品はございません。


TOP > 抗うつ剤・抗鬱剤(パキシル,プロザック,レクサプロ) > PEXEP 20mg 100錠 パキシルのジェネリック

PEXEP 20mg 100錠 パキシルのジェネリック

PEXEP 20mg 100錠 パキシルのジェネリック

¥12,850 税込
商品コード: Pexep 20 mg_100_med
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
パキシルのジェネリックです。PEXEP 20mg パキシル系ジェネリック

成分:パロキセチン(Paroxetine)

【適用(一般)】
うつ病・うつ状態・パニック障害
強迫性障害・社会不安障害
外傷後ストレス障害・早漏防止

8日前後で到着予定
インド発送  製造元 : Innova  原産地 : インド


パキシルを活用して心の健康を手に入れよう

パキシルは、抗うつ剤の一種です。うつ病の人にとっては、日常生活を送る上で重要な役割を果たす薬です。うつ病は、精神的な病気であり、心身のバランスが崩れた状態です。この状態では、普通の日常生活においてもさまざまな困難が生じることがあります。そんなうつ病の人々にとって、パキシルは一定の効果を発揮することが知られています。

抗うつ剤とは、うつ病の症状を緩和するために使用される薬の総称です。その中でもパキシルは、セロトニンと呼ばれる神経伝達物質の再取り込みを抑制することで、脳内の化学物質のバランスを整える作用があります。これにより、うつ病の症状を軽減し、患者さんの日常生活の質を向上させることが期待されます。


### パキシルとは
パキシルは、うつ病や不安障害、強迫性障害などの治療に使用される抗うつ剤です。主成分はパロキセチンという薬物であり、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)として分類されています。

### 効果と効能
パキシルは、脳内のセロトニンという神経伝達物質のバランスを調整することで、うつ病や不安症状を改善します。具体的な効果としては、気分の安定、集中力の向上、無力感や絶望感の軽減などがあります。

### 用法及び用量
<うつ病・うつ状態>
通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして20〜40mgを経口投与する。投与は1回10〜20mgより開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量する。なお、症状により1日40mgを超えない範囲で適宜増減する。
<パニック障害>
通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして30mgを経口投与する。投与は1回10mgより開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量する。なお、症状により1日30mgを超えない範囲で適宜増減する。
<強迫性障害>
通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして40mgを経口投与する。投与は1回20mgより開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量する。なお、症状により1日50mgを超えない範囲で適宜増減する。
<社会不安障害>
通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして20mgを経口投与する。投与は1回10mgより開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量する。なお、症状により1日40mgを超えない範囲で適宜増減する。
<外傷後ストレス障害>
通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして20mgを経口投与する。投与は1回10〜20mgより開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量する。なお、症状により1日40mgを超えない範囲で適宜増減する。


### 副作用
パキシルの副作用としては、睡眠障害、食欲変動、性欲低下、吐き気、頭痛、めまいなどが報告されています。しかし、副作用は個人によって異なる場合がありますので、医師との定期的なフォローアップが大切です。

### 依存性と減薬
パキシルは、長期間継続的に使用することで身体的な依存性が生じる場合があります。そのため、治療を中止する際には医師の指示のもと、徐々に減薬する必要があります。急激な減薬は離脱症状を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。

### パキシルの効果についての科学的根拠
パキシルの効果については、多くの臨床試験や研究によって裏付けられています。これらの研究によれば、パキシルはうつ病や不安障害の症状の改善に有効であり、安全性も高いことが示されています。ただし、個人差があるため、医師の指示に従って適切な治療を行うことが重要です。

パキシルはうつ病の治療において有効な薬剤の一つですが、正しい使用法や副作用についての理解が必要です。医師の指示に従い、適切な治療を行うことで、うつ病や不安障害の症状の軽減が期待できます。

## パキシルの歴史

### パキシルの開発と承認
パキシルは、抗うつ剤として使用される薬物です。1990年代初頭にイギリスの製薬会社グラクソスミスクラインによって開発されました。その後、1992年にイギリスで初めて承認され、続いてアメリカや日本など世界各国でも承認を受けました。

### パキシルの効果と特徴
パキシルは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)と呼ばれる薬の一種です。セロトニンは脳内で重要な役割を果たしており、うつ病の症状を改善するために必要な神経伝達物質です。パキシルはセロトニンの再取り込みを抑制することで、脳内のセロトニンの濃度を増加させます。これにより、うつ病の症状を軽減する効果が期待されます。

### パキシルの適応症と効果
パキシルの適応が正式に認められている病気は、以下のようになります。
うつ病・うつ状態(2000年)
パニック障害(2000年)
強迫性障害(2006年)
社会不安障害(2009年)
外傷後ストレス障害(2013年)

パキシルは、主にうつ病やパニック障害、強迫性障害などの治療に使用されます。また、社会不安障害や身体的な症状があるうつ病にも効果があります。

### パキシルの副作用と注意点
パキシルの副作用としては、眠気、めまい、吐き気、下痢などが報告されています。また、一部の人々では、性的な機能の低下や体重増加などの副作用が現れることもあります。服用前に医師と十分な相談をし、副作用に対するリスクと効果のバランスを慎重に考慮することが重要です。

### パキシルの今後の展望
現在、パキシルは広く世界で使用されており、多くの人々に効果をもたらしています。しかし、副作用や個人差があるため、個別の症状や体質に合わせた適切な使用方法を見つけることが重要です。今後もパキシルの研究や開発が進められ、より効果的で副作用の少ない抗うつ剤の選択肢が増えることが期待されています。

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

レビューはありません。

レビューを投稿