0
¥0

現在カート内に商品はございません。


TOP > 抗うつ剤・抗鬱剤(パキシル,プロザック,レクサプロ) > ゾロフトのジェネリック Sertima(セルティマ) 100mg 100錠

ゾロフトのジェネリック Sertima(セルティマ) 100mg 100錠

ゾロフトのジェネリック Sertima(セルティマ) 100mg 100錠

¥9,092 税込
商品コード: Sertima_100mg_100_ind
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
効能・効果
パニック障害・外傷後ストレス障害・うつ状態・うつ病

注意すべき副作用
傾眠 、 悪心 、 嘔吐 、 睡眠障害 、 不眠 、 錯乱状態 、 悪夢 、 易刺激性 、 易興奮性 、 うつ病

用法・用量(主なもの)
通常、成人にはセルトラリンとして1日25mgを初期用量とし、1日100mgまで漸増し、1日1回経口投与する

成分 Sertraline(サートラリン、セルトラリン) 100mg
製造 Intas Pharmaceuticals Ltd
発送元:インド

ゾロフトとは?

ゾロフトの主成分であるセルトラリンもしくはサートラリン (sertraline) は、選択的セロトニン再取り込み阻害薬 (SSRI) と呼ばれる第三世代抗うつ剤の一つである。

不安障害(心的外傷後ストレス障害 (PTSD)、全般性不安障害、強迫性障害、社交不安障害)、月経前不快気分障害、双極性障害の治療にも応用されることがある。

## ゾロフトのメリット

うつ病の治療には、さまざまな方法や薬がありますが、その中でもゾロフトは一つの選択肢として考えられます。ゾロフトには以下のようなメリットがあります。

### 1. 効果的な抗うつ作用

ゾロフトは、セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)として知られており、脳内のセロトニンという神経伝達物質の量を増やすことで、うつ病の症状を改善します。この抗うつ作用は、多くの人にとって効果的な治療効果をもたらします。

### 2. 副作用の少なさ

ゾロフトは、他の一部の抗うつ剤に比べて副作用のリスクが比較的低いとされています。一般的な副作用としては、吐き気や下痢、頭痛などがありますが、通常は軽度で一時的なものであり、服用を続けることで症状は軽減されることが多いです。

### 3. 他の症状の改善

うつ病には、うつ症状だけでなく、不安やパニック障害、強迫性障害など、さまざまな症状が伴うことがあります。ゾロフトは、これらの症状にも効果的な場合があります。そのため、うつ病だけでなく、これらの症状を抱えている方にも適していると言えます。

### 4. 安全性の高さ

ゾロフトは、厳格な品質管理のもとで製造されており、長期的な使用においても安全性が確認されています。また、他の薬物やサプリメントとの併用においても、重大な相互作用が起こることはまれです。ただし、他の薬剤との併用やアレルギーの可能性など、個別の状況に応じて医師と相談することが重要です。

### 5. 使いやすさ

ゾロフトは、一般的な経口錠剤として市販されており、飲み薬として簡単に使用することができます。また、一日に一度の服用で済むため、忙しい日常生活の中でも続けやすくなっています。

ゾロフトは、うつ病や不安障害の治療に用いられる抗うつ剤です。1990年にアメリカで初めて承認され、以来世界中で広く使われるようになりました。

### 開発の経緯
ゾロフトは、セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)として分類されています。SSRIは、セロトニンと呼ばれる神経伝達物質の再取り込みを阻害することで、神経活動を調整し、うつ病の症状を改善する効果があります。

開発当初は、ゾロフトはうつ病の治療に特化した薬として研究が進められました。その後、ゾロフトはさまざまな症状や障害の治療にも有効であることがわかり、広範な用途で使用されるようになりました。

## 依存性の可能性
ゾロフトは、うつ病の治療に利用される一般的な抗うつ剤の一つですが、長期間の使用により身体への依存性が生じる可能性があります。これは、ゾロフトの成分であるセロトニンという神経伝達物質のレベルが安定している状態を保つために、薬を常に服用しなければならないことを意味します。

この依存性は、ゾロフトを急に中止することで離脱症状が現れる可能性があるという点で特に重要です。例えば、めまい、吐き気、頭痛、不安感などの症状が現れることがあります。そのため、ゾロフトを使用する場合は、医師の指示に従って適切に服用することが必要です。

## 副作用の可能性
ゾロフトの使用には、いくつかの副作用の可能性があります。一般的な副作用としては、吐き気、下痢、頭痛、めまい、不眠症などが挙げられます。これらの症状は通常、最初の数週間から数か月の間に現れることがありますが、通常は軽度で一時的なものです。

また、ゾロフトの使用により、性欲減退や性的機能の低下といった性的副作用が現れる可能性もあります。これは、セロトニンのレベルが調整されることで生じることがあります。もしもこれらの症状が現れた場合は、医師に相談することが重要です。

## 相互作用の可能性
ゾロフトを服用している場合、他の薬物やサプリメントとの相互作用の可能性があります。特に、モノアミン酸化酵素阻害薬(MAOI)との併用は避ける必要があります。これは、ゾロフトとMAOIの相互作用により、重篤な副作用が生じる可能性があるためです。


### 飲酒との併用は避けること
ゾロフトを服用している間は、飲酒を避けることが推奨されています。ゾロフトとアルコールの併用は、眠気やめまいを引き起こす可能性があります。また、アルコールはうつ病の症状を悪化させることが知られています。ゾロフトの効果を最大限に引き出すためにも、飲酒は控えるようにしましょう。

### 継続的な服薬を心がけること
ゾロフトは効果が現れるまでに時間がかかる場合があります。一部の方は、数週間から数ヶ月かかることもあると報告されています。そのため、ゾロフトを継続的に服用することが重要です。治療中に中断することは効果を損なう可能性がありますので、医師の指示通りに継続的に服薬しましょう。

### 服薬中の変化に注意すること
ゾロフトの服用中に気分や体調に変化が現れることがあります。効果が出るまでの期間や副作用の影響によって、一時的に変化が生じることもあります。しかし、重篤な副作用や異常な変化がある場合は、すぐに医師に相談してください。

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

レビューはありません。

レビューを投稿