0
¥0

現在カート内に商品はございません。


TOP > 抗うつ剤・抗鬱剤(パキシル,プロザック,レクサプロ) > PEXEP 10mg 100錠 パキシルのジェネリック

PEXEP 10mg 100錠 パキシルのジェネリック

PEXEP 10mg 100錠 パキシルのジェネリック

¥10,825 税込
商品コード: Pexep 10 mg_100_med
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
パキシルのジェネリックPEXEP 10mg パキシル系ジェネリック

成分:パロキセチン(Paroxetine)
抗うつ、抗不安、早漏防止
8日前後で到着予定)
インド発送
製造元 : Innova
原産地 : インド

憂うつな気分をやわらげ、意欲を高めるお薬です。うつ病やうつ状態、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害の治療に使われます。

用法及び用量
<うつ病・うつ状態>
通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして20〜40mgを経口投与する。投与は1回10〜20mgより開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量する。なお、症状により1日40mgを超えない範囲で適宜増減する。
<パニック障害>
通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして30mgを経口投与する。投与は1回10mgより開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量する。なお、症状により1日30mgを超えない範囲で適宜増減する。
<強迫性障害>
通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして40mgを経口投与する。投与は1回20mgより開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量する。なお、症状により1日50mgを超えない範囲で適宜増減する。
<社会不安障害>
通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして20mgを経口投与する。投与は1回10mgより開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量する。なお、症状により1日40mgを超えない範囲で適宜増減する。
<外傷後ストレス障害>
通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして20mgを経口投与する。投与は1回10〜20mgより開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量する。なお、症状により1日40mgを超えない範囲で適宜増減する。


## パキシル,パロキセチンのメリット

### 高い治療効果
パキシル(一般名: パロキセチン)は、うつ病の治療において非常に高い効果を持つ抗うつ剤です。多くの研究で、パキシルがうつ病の症状を改善することが確認されています。脳内のセロトニンと呼ばれる神経伝達物質のバランスを調整し、うつ病の症状を和らげる効果があります。

### 早期の効果
パキシルは、他の一部の抗うつ剤と比較して、効果が比較的早く現れることが特徴です。多くの患者さんが、数週間の内服後に症状の改善を実感しています。この早期の効果は、うつ病の症状に苦しむ人々にとって、大きなメリットとなります。

### 他の疾患への有効性
パキシルは、うつ病以外の疾患の治療においても有効性があります。パキシルは、パニック障害、社会不安障害、強迫性障害、適応障害など、さまざまな精神疾患の治療に使用されています。これにより、パキシルは幅広い患者さんにとって有益な治療法となっています。

### 副作用の軽減
パキシルは、他の一部の抗うつ剤と比較して、副作用の発生頻度が低いとされています。一般的な副作用は、吐き気や下痢、頭痛などであり、通常は軽度です。また、副作用が現れた場合でも、通常は症状が軽減されるまでの期間が短いことも特徴です。

パキシル(パロキセチン)は、うつ病の治療において高い効果を持ち、他の疾患に対しても有益な効果があります。早期の効果、安全性と耐容性、および副作用の軽減など、パキシルは多くのメリットを提供します。ただし、正しい用法と医師の指示に従って服用することが重要です。

## パキシル,パロキセチンのデメリット

### 1. 副作用の可能性がある
パキシルやパロキセチンの使用には、いくつかの副作用の可能性があります。具体的な副作用は個人によって異なりますが、一般的なものとしては、吐き気、下痢、嘔吐、頭痛、めまい、不眠、性欲の低下などがあります。これらの副作用が現れた場合は、医師に相談することが重要です。また、重度の副作用が現れた場合は、すぐに医師に連絡する必要があります。

### 2. 離脱症状がある
パキシルやパロキセチンを長期間使用した後、急に薬をやめると、離脱症状が現れる可能性があります。離脱症状には不安、イライラ、めまい、吐き気、頭痛、睡眠障害などが含まれます。このため、薬の使用を中止する場合は、医師の指示に従って徐々に減量する必要があります。

### 3. 相互作用がある
パキシルやパロキセチンは、他の薬物との相互作用が起こる可能性があります。例えば、抗凝固薬や抗不整脈薬、他の抗うつ剤などとの組み合わせは注意が必要です。これらの薬物を同時に使用する場合は、必ず医師に相談してください。

### 4. 過量摂取に注意が必要
パキシルやパロキセチンを過量摂取すると、重度の副作用が現れる可能性があります。過量摂取の症状には、意識の混濁、けいれん、心拍数の異常、呼吸困難などが含まれます。過量摂取の場合は、すぐに医師に連絡するようにしてください。

### 5. 妊娠中の使用には注意が必要
妊娠中の女性は、パキシルやパロキセチンの使用に注意を払う必要があります。これらの薬物は胎児に影響を及ぼす可能性があるため、妊娠中または妊娠を計画している場合は、医師に相談することが重要です。

### 6. 心臓の問題を悪化させる可能性がある
パキシルやパロキセチンの使用は、心臓の問題を悪化させる可能性があります。心臓病や心臓リズムの異常を抱えている人は、医師との相談の上でこれらの薬物を使用する必要があります。

パキシルやパロキセチンは、うつ病の治療に有効な抗うつ剤ですが、副作用や注意点も存在します。これらの薬物を使用する場合は、医師の指導のもとで正しく使用することが重要です。また、副作用や問題が現れた場合は、すぐに医師に相談してください。

## パキシル,パロキセチンの注意点・初心者が気をつけるべきこと

パキシルは、うつ病や不安障害などの精神疾患の治療に使用される一般的な抗うつ剤です。初めてパキシルを使用する場合や注意が必要な点について知っておくことは重要です。以下に、パキシルを使用する際に初心者が気をつけるべき点を説明します。

### 適切な投与量で使用する
パキシルの投与量は、患者の症状や状態によって異なります。初めて使用する場合は、医師の指示に従って正確に服用することが重要です。自己判断で投与量を変更することは避けましょう。また、投与量の変更が必要な場合は、必ず医師と相談してください。

### 継続的な服用が必要
パキシルは効果を発揮するためには時間がかかります。効果を得るためには、一定の期間安定して服用する必要があります。初めて使用する場合は、効果を感じるまでに数週間から数か月かかる場合がありますので、辛抱強く続けてください。

### 副作用に注意する
パキシルの使用によって、一部の副作用が出る可能性があります。一般的な副作用には、吐き気、下痢、不眠症、めまいなどがあります。これらの副作用が軽度である場合でも、継続的に出る場合は医師に相談する必要があります。また、重篤な副作用(呼吸困難、意識の混濁、異常な出血など)が現れた場合は、すぐに医師に連絡しましょう。

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

レビューはありません。

レビューを投稿